Advanced bioengineering methods laboratory

シェアする

green9_flo20141123175723_tp_v

Advanced bioengineering methods laboratory授業内容

こちらの授業は生物工学に必要な実験操作を学ぶ授業です。

学生をグループに分けて、グループ毎に実験のローテーションを行います。

実験はAFMやoptical tweezer、ブラウン運動の観察などを行います。

担当先生

Carlotta Guiducci, Aleksandra Radenovic, Georg Fantner

授業時間

月曜日:14:15~18:00

単位数

4 credits

成績評価

mini test, laboratory notebook 33%
Final paper 67%

授業評価

難易度

☆★★★★ 1

課題の多さ

☆☆☆★★ 3

テスト難易度

★★★★★ 0

単位所得しやすさ

☆☆☆☆★ 4

オススメ度

☆☆☆☆★ 4

最後に

こちらの授業は課題が少し大変ですが、実験器具に触れるので実験を将来的に続けていきたいという方にオススメです。

生命工学は顕微鏡などを用いた小さなものを扱うことが多いですが、 TA指導のもと一緒に実験をさせていただけるのは非常に楽しかったです。

また実験ノートの書き方についても非常に細かく指導していただけるので、参考になります。

小テストで点数が悪いと実験をさせてもらえないので、予習はしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク