Camiproカードのチャージ方法

シェアする

EPFLに入学すると渡されるCamiproカード。

こちらはお金をチャージすることで、学校内の施設ならほとんど支払いを済ますことのできるプリペイドカードです。

特に食堂ではCamiproを使って支払うと、立場によって安くなることもあるので常にお金をチャージしておきましょう。

以前はロレックスセンターで現金でお金をチャージすることができたのですが、今年度からはそれが廃止されてしまったので少し面倒です。

詳しいチャージ方法はこちらにも書いてあるので参考にしてください。

1. 4つのCamiproチャージ方法

Camiproカードをチャージする方法は大きく4種類あります。

それぞれの方法はチャージする方法が大きく異なるので、自分が最も便利だと思う方法でチャージをしてみてください。

  1. カードでチャージ
  2. 現金でチャージ
  3. 給料からチャージ
  4. e-bankingでチャージ

これらの方法について詳しくみていきましょう。

2. カードでチャージする方法

一番便利な方法はカードでチャージする方法です。

Camiproのチャージ機はキャンパスのいろいろなところにあり、それらを使ってチャージすることができます。

こちらの問題点はMaestroかPost Financeカードしか受け付けていないことです。これらのカードを持っていないと、チャージ気を使うことができないので、少し不便です。

2.1 クレジットカードを作るならPost Financeがオススメ

スイスでクレジットカードを作るなら、Post Financeがオススメです。Post Financeは郵便局でも使えますし、こちらで紹介したようにCamiproチャージにも使えます。

様々な場面で使うことができるので、スイスでクレジットカードなら Post Financeがオススメです。

3. 現金でチャージする方法

現金でCamiproをチャージする方法もあります。

先ほども書いたように以前はロレックスセンターでチャージできたのですが、できなくなってしまったので、別の場所でチャージする必要があります。

チャージできる場所は以下の三つです。

  1. Agepoly
  2. INM cafeteria
  3. BC cafeteria

INMとBCはキャンパスの端の方にあるのであまりオススメできません。そこで、今回は一番アクセスのしやすいAgepolyについて紹介します。

3.1 AGEPOLYでチャージする

こちらの建物に入ると、右奥にオフィスがあるのでそちらの受付の方に声をかけ、Camipro二チャージしたい旨を伝えます。

そしてチャージしたい金額を伝え、その金額を支払えばチャージは終了です。

行くのが少し面倒ではありますが、手続き自体はそれほど大変ではありません。

4. 給料からチャージする

EPFLから給料をもらって仕事をしている方は給料の一部をCamiproに自動的に回すことができます。

こちらは特にチャージをする必要がなく、毎月自動的にチャージされるので非常に便利です。

僕は給料をもらっていないので、詳しいやり方はわかりませんが、こちらのホームページで確認してください。

5. e-banking

こちらは指定のオレンジの用紙に希望のチャージ額を記入して支払う方法です。

こちらのやり方も少し複雑ですし、チャージまで時間がかかるのでAgepolyに行く方が早いでしょう。

6. 最後に

今回の記事では、Camiproカードをチャージする4つの方法について詳しく説明していきました。

どの方法が自分に合っているのかを試してみて、自分に合った方法でチャージをするといいでしょう。

Camiproはとても便利なので、EPFLに留学したら是非使ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク