EPFL内のトルコ料理

シェアする

友達の紹介でEPFLのトルコ料理が安くて、量が多くて、美味しいとの情報を得たので友達と一緒に行ってきました。

実際に行ってみると非常に美味しくお得だったので、ぜひ EPFLに留学した際にはこちらを利用されることをお勧めします。

太ること間違いなしですが、はまる味でした。

1. トルコ料理

トルコ料理というとケバブのイメージが強いと思います。実際、スイスでも様々なところでケバブの屋台があり、ケバブは親しみ深い料理のようです。

このお店でもケバブを売っていますが、今回オススメしたいのは上の写真のようなプレート料理です。

1.1 プレート料理の注文方法

プレート料理はケバブとは違う窓口で受付を行っており、入り口の右側から注文します。

注文をする際にまずは、写真に載っている野菜のトレイからカップに入るだけの野菜を入れてお店の人に渡します。

椎茸やパプリカなど様々な種類があるのでお好みで選びましょう。それをお肉と一緒に炒めてくれます。

1.2 お肉を選ぶ

お肉はいくつかの種類があり、ハンバーグのようなものからケバブまであります。

これらは全て同じ値段なので、値段を気にすることなく選ぶことができます。

今回はハンバーグを注文しました。

1.4 ご飯を詰める

注文を終えるとお肉と選んだ野菜を炒めたものがトレイに入った状態で渡されます。

そこにはご飯を入れるスペースが余っているので、そのスペースにご飯を自分で詰めます。

このような容器にご飯・パスタ・ジャガイモなどが入っているので、お好みで入れていきます。

特にパスタは日によって変わるようなので、日によって味を変えることができて楽しいかもしれません。

こちらはポテト。

こちらはご飯です。自由に詰めることができるので、好きなだけ詰めましょう。僕は欲張りなので本当に山盛りにしました。(写真参照)

1.5 値段

値段は全て10CHFです。

10CHFだと学食よりも少し高いくらいなのでそれほど高くないですし、たくさんのお米を入れることができるので非常にお得です。

2. 場所

場所はELの建物のすぐ近くにあります。通りに沿って歩いて行くとすぐにわかると思います。

この辺りは屋台が立ち並んでいる場所で、ケバブの他にもピザなどの屋台もあるので、ぜひそちらも試してみてください。

3. 総合評価

EPFLで食事を取れる施設の中で、最もコストパフォーマンスが良いお店であると思います。実際、量が多く、安くて美味しいので、お弁当を作るのが大変なときには僕も良く利用していました。

ただ、カロリーがたかそうな食事なので、体調管理に気をつけながらこちらのケバブ丼を食べるようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク