EPFLのスポーツセンター

シェアする

スポーツセンターにはいくつかのトレーニングマシンとスポーツができる体育館やグラウンド・テニスコートなどがあります。

スイスの物価は非常に高いですが、ここは大学の施設ということもあり、安くこれらの施設を使うことができます。

こちらのスポーツセンターには様々なスポーツのコースがあり、自分の好きなスポーツも必ずあるはずです。忙しくてなかなか運動ができない留学生活かもしれませんが、時間を見つけてぜひ利用してみてください。

今回は、そんなEPFLのスポーツセンターについて一緒に見ていきましょう。

1. スポーツセンターについて

UNIL/EPFLのスポーツセンターは、大学で勉強している学生や研究している職員がスポーツを楽しむための施設で、とても安い値段で様々なスポーツを楽しむことができます。

スポーツセンターには様々な運動を楽しむため、体育館や運動場、そしてテニスコートやヨットなど様々な施設が用意されています。

時間帯によって、様々なスポーツの講習も行われているので、ぜひチェックしてみましょう。

1.1 スポーツセンターの場所

スポーツセンターは、ロレックスラーニングセンターの湖側を通っている道沿いをUNILへ歩いて行ったところにあります。

入り口にはSports centerの看板が小さくあり、また施設がとても大きいので迷うことはないでしょう。

電車から直接スポーツセンターへ行く場合は、UNIL-Moulineを降りて、徒歩10分くらいの距離にあります。

1.2 営業時間

営業時間は学期期間中とそれ以外の期間では大きく変わります。ここでは学期期間中の営業時間を載せておきます。

月曜日: 8:00~22:00

火曜日: 8:00~22:00

水曜日: 8:00~22:00

木曜日: 8:00~22:00

金曜日: 8:00~22:00

土曜日: 8:00~19:00

日曜日: 8:00~19:00

学期期間中でないと、営業時間が短くなったり、使えなかったりすることがあります。それらのスケジュールについては、スポーツセンターにあるパンフレットを確認してください。

1.3 ホームページ

スポーツセンターのホームページはこちらです。

こちらではスポーツセンターの講習の予約をしたり、イベントの情報を確認することができますので、こまめにチェックしてみてください。

2. スポーツの講習会

こちらの写真をご覧ください。たくさんのスポーツが書かれていますが、それらすべてのスポーツの講習が毎週開かれています。

ほとんどのものが無料ですが、有料のものも一部あります。しかし、有料のものでも料金はそれほど高くないので、値段を心配することなく申し込みをすることができます。

僕はテニスが好きなのでテニスコースを申し込みました。学期の半分(およそ2ヶ月)で30CHFでした。

2.1 テニスコース

毎週、一時間インストラクター付きでテニスの練習をできます。

室内で行うため天気を気にする必要はないですし、インストラクターが丁寧に指導してくれるのでコースの中でテニスが上達するのを感じることができます。

残念ながらインストラクターのおじいちゃんはフランス語しか話せないので何を言っているのかわからないときもありますが、僕に対してのアドバイスは身振り手振りで説明してくれたり練習メニューは他の仲間が英語に訳してくれるので楽しくやれています。

2.1.1 友達ができた

テニス仲間も同じ趣味を持っているということでとても仲良くなりました。実際留学生同士は話す機会があるのですが、スイスの学生とのコミュニケーションの場はあまりなかったのでいい機会でした。

現地のスイス人の友達を作ったり、テニス仲間を見つけて一緒にプライベートでテニスしたりと趣味を広げて行くきっかけとしてもオススメです。

2.1.2 気分転換をする

授業やミーティングなどで大変な時でもリフレッシュできるテニスができる時間は、僕にとって大切な時間で、この時間で日頃の疲れやストレスを取り除くことができました。

こちらのコースは時間があらかじめ決められているので、毎週決まった時間に運動をすることができます。自由な時間だと、どうしても後回しにしてしまいがちですが、時間が設定されていたことで優先的にスポーツをする時間を突くつことができました。

何か自分の好きなスポーツがあるのならこちらで仲間と一緒にスポーツを楽しんで交友関係を広げていきましょう。

2.2 ウィンタースポーツやサマースポーツも充実

テニスやサッカー、バレーのように一年間を通じてできるスポーツもありますが、そのほかにも夏や冬にしかできないスポーツも楽しむことができます。

そのなかでも、僕の研究室ではSailingというレマン湖をヨットで航海するのが流行っていました。

スイスはとても自然豊かで、スキーやヨットなどの自然の中で行うスポーツも大変人気です。日本ではなかなか行う機会がないと思うので、ぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。

3. トレーニングマシン

スポーツセンターには体を鍛えるためのトレーニングマシーンもあります。

一般的なスポーツセンターに比べると、機械の数も少なく、混んでいる時間(夕方から夜にかけて)にトレーニング室へ行くと思うように使えないこともあります。

しかし、年会費も非常に安く、大学からも比較的アクセスしやすいところにあるので、ぜひ利用することをオススメします。

3.1 トレーニングマシンの講習

トレーニングマシーンを使うためには、まずは講習を受ける必要があります。

トレーニングマシーンの講習は毎日決まった時間に行われており、その時間にスポーツセンターに行くことで講習を受けることができます。

この講習の中でトレーニングマシンを使う際のルールや飲み物の持ち込みルール、各マシーンの使い方などを教わります。

英語の講習は毎週水曜日にやっていました。インターネットから講習のスケジュールを確認しようとしましたが、確認できなかったので、現在EPFLに留学している方でスケジュールを確認した方はぜひコメント欄などで教えていただけるとありがたいです。

3.2 年会費

トレーニングマシーンを使うための会員になるためには、年間40CHF払う必要があります。

こちらの値段は修士の学生の時の値段だったので、博士課程の学生・職員の年会費は変化するかもしれません。

3.3 講習を受けた後は…

この講習を受けると、講習を受けた証の赤い紙がサイン入りで渡されるので、それを持ってスポーツセンターの事務室へ行くとスポーツセンターの会員カードを購入することができます。

事務室では赤い紙と学生証を持っていけば申し込みができます。VISAは事務室では使えないのでそれ以外のカードや現金など別の手段を用意しておきましょう。

3.4 トレーニングマシーンの詳しい使い方

トレーニングマシンの使い方や効果的なトレーニングメニューなどは壁に貼ってある紙に詳しく書いてあるのでそれを参考にしながらトレーニングができます。

それぞれの目的に沿ったプログラムも詳しく説明されているので、鍛えたい部位を効果的に鍛えるためにもこれらのプログラムを積極的に取り入れるといいでしょう。

僕はお腹周りの筋肉と上半身の肩の周りの筋肉を鍛えるプログラムを中心にトレーニングをしていました。

4. その他の施設紹介

トレーニングルーム以外にも様々な施設がスポーツセンターには存在します。今回はその一部を紹介していきます。

4.1 ロッカー室

ロッカー室は、自由に使えるのですが鍵は自分のものを用意して使います。鍵はローレックスセンターの書籍部でも購入することができます。

スイスは基本的に治安がいいので安心だとは思いますが、大学内では自転車やパソコンが盗まれることが多いようなので、万が一のために鍵はしっかりと締めておきましょう。

貴重品用のロッカーもあり、こちらは2CHFを入れて鍵をかけるタイプで鍵を開けると2CHFが返ってくるようになっています。

こちらは通常のロッカーに比べて、とても小さいので貴重品しか入れることができません。財布などはこちらにしまいましょう。

4.2 シャワー室

ロッカー室の横にはシャワー室がついていて、運動やトレーニングで汗をかいたら流すことができます。

シャワーの数には限りがあるので、混んでいるときは順番を待たなければいけないことがありますが、比較的簡単に使えるようです。

シャンプーやボディーソープはないので、自分で持っていきましょう。

4.3 体育館

上の写真のように、室内の体育館が3箇所に分けられて使われています。

こちらの体育館では、時間に合わせて様々なスポーツの講習に使われていて、ダンスやバレーボール、テニスなどの講習が行われています。

トレーニング室でも同様ですが、利用するためには室内ばきを用意する必要があるので、綺麗な運動靴を用意しておきましょう。

4.4 テニスコート

日本から来ているEPFLのドクターの先輩がテニスコートの会員権を持っていたので先輩に誘われてテニスをする機会がありました。

土日は混んでいますが、平日は比較的空いているようなので授業の合間にテニスをすることができます。

こちらは年会費を払えば、何度でも予約することができるのでテニスコースでは物足りない・いつでもテニスがしたいという人は申し込みましょう。

予約はインターネット上でできるので簡単で、ハードコートなので整備も不要です。

5. 最後に

年間40CHFととても安く、空いている時間も長いのでとても便利です。一年間もしくは半年間の交換留学でも申し込むことをオススメします。

こちらでは男は体を鍛えておかないとモテないらしいので、ヨーロッパ人の彼女が欲しい!という方はぜひトレーニングルームで体を鍛えてみてはいかがでしょう。

5.1 問題点

ただこのスポーツセンターは隣の大学のUNILとの共同のものなのでEPFLから少し離れたところにあるため歩いていくと15分くらいかかります。

そこが少し不便ですが、時間に余裕を持ってトレーニングを楽しみましょう。

ちなみにスポーツセンターの周りにはこんな牛などがたくさんいるくらい自然豊かなところにあります。

レマン湖も近いので時間に余裕があれば、ジム帰りにレマン湖を眺めたりもします。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク