EPFL学生寮について

シェアする

大学の近くにいくつかあり、このページから寮を選びます。僕の友人も多くがこの中のどれかの寮に住んでいます。

学生寮というとボロボロでなんとか生活できるものというイメージかもしれませんが、EPFLの寮はどれも綺麗で大変住み心地が良さそうです。

交換留学でこちらの大学に来る場合はそのプログラムで事前に部屋を確保していることが多いので、こちらから探す必要はないかもしれません。

しかし正規留学でこちらに来る場合は、自分で一生懸命部屋を確保する必要があります。

EPFLの学生寮については交換留学に来ている友人が詳しいのでこちらの記事を参考にしてください。

1. スイスの厳しい住宅事情

スイスの住宅事情は大変厳しくて、早めに家さがしをしないと家が見つからないことが多いです。

僕の友達もフランス語の授業が始まっても部屋が見つかっておらず、しばらくはホテル暮らしをしなくてはいけないと言っていました。

なので家さがしは、合格通知をもらったらすぐに行いましょう。

2. ローザンヌでの家探しサイト

ローザンヌ日本人会で紹介されていた家探しのサイトをこちらに載せておきます。

僕はこちらのサイトは使ったことはないので詳しいことはわかりませんが、家探しで困っている方は是非こちらのサイトを利用してください。

* home.ch
https://www.home.ch/en/rent/f/at-lausanne/

* homegate.ch
http://www.homegate.ch/en

* comparis.ch

…/marktplatz/…/wohnung/mieten

* Facebookグループ
LAUSANNE à louer – bouche à oreille

2.1 EPFLのサイト

インターネットで家を探すならばやはりEPFLのサイトから探すのが一番早いと思います。

EPFLは国際的な大学だけあって海外から来る学生に対して有益な情報をたくさん用意してくれています。

2.2 僕の経験から

もちろん学生寮に入れるのが一番ですが、これは実はかなり厳しいです。

僕は、3月の終わりに申し込みをしましたが、結局連絡は来ませんでした。(正確には来たけれども来たのは10月でした。)

クラスメイトによると学生寮の申し込みが3月16日開始で19日には予約で埋まったというのを聞きました。

交換プログラムのためにいろいろと先に確保しているところもあるからなのでしょうが、個人で申し込んで学生寮に入るのはかなり厳しいようです。

3. 学生寮の場所

ただ入ることができればやはり家賃は他と比べて安いので、できるだけ早く多くの学生寮に申し込みをしておきましょう。

地図だと学生寮の中には大学から遠いものもあるように見えますが、ローザンヌ自体がそれほど大きくないので十分に通うことができます。

場所はそれほど気にしなくても大丈夫なのでたくさん申し込みましょう。

実際にかかる時間を調べるにはこちらを参考にしてください。

4. 学生寮の家賃

学生寮の一般的な値段は500~700CHFくらいのようです。

詳しいことは、後日紹介していきます。

一般的なシェアハウスだと僕のものや友達の話を聞く限りでは800CHFくらいはかかります。

5. 学生寮の特徴

また学生寮の特徴として、学生が同じところに多く暮らしているので学生間の繋がりができやすいというのもあります。

ルームメイトと友達を誘ってホームパーティーをしたり、一緒に遊んだりすることが多いようです。

そのような学生間の繋がりを構築する上でも学生寮はオススメです。

こちらの記事で紹介したように学生寮で日本食パーティーなどのホームパーティーを開いたりもします。

学生寮の欠点としては、男女関係なしに部屋割りがされるので少し気になる人がいるかもしれません。

やはり男女で生活スタイルも違うし、そして国も違うのでそのあたりでストレスを感じてしまうかもしれません。

6. 申し込みに必要な書類

申し込みに必要な書類は主に以下のものです。

  • パスポートのコピー
  • 収入証明書
  • 保証人のパスポートコピー
  • 学生番号(合格通知に記載)
  • 滞在許可証(3ヶ月以上スイスに滞在している場合)

一括で学生寮の申し込みができないので面倒なのと、寮によっては必要とされる書類が違いますが大体はこれらの書類です。

これらを全て管理者に送るとメールが返ってきて名前がリストに登録されます。

6.1 注意点

この段階では入居が決定しているわけではないので家探しをやめないでください。

リストは登録順に上から名前が書かれていって部屋が空いたら上からメールを送るという形なので、実際入居できるかどうかは全くわかりません。

僕は割と早い段階(だと思っていた)で申し込んだので余裕だろうと思っていたら6月になっても連絡が来ず、焦って部屋探しを再開しました。

それでもなんとか見つけることができましたが、これを見ている方はぜひ決まるまでは油断せずに部屋探しを続けてください。

7. EPFL学生寮の紹介

以前住宅事情についての質問がローザンヌ日本人会であがったのでこちらにも載せておきます。

7.1 EPFLで博士課程をされている方の意見

ローザンヌでEPFLが関係している学生寮について直接は知りませんが,一般的なアドバイスを:
1. ローザンヌに限らずスイスの大都市の住居状況は完全な需要過多です.(交換)留学生が,事前に,そして許容できる家賃でアパートを見つけることは不可能に近いので,迷わずFMELを利用することを薦めます.家賃は500-700sfr.でしょうか?日本的な感覚からは少し高いように感じますが,ローザンヌ市内では破格に安いです.
2. 立地については,それぞれのHPから住所などの情報が見つかると思います.例えばEPFLまでの所要時間が知りたければ,SBB(http://www.sbb.ch/en/home.html)のサイトでFrom アパートの住所, To EPFLで調べればだいたいの時間が,アパートから最寄りのバスストップ(もしくはメトロの駅)までの徒歩の時間を含めて,概算できます.
3. 周辺情報もgoogle mapなどで簡単に調べられます.地下鉄,バスを利用してローザンヌ市内はそれなりに不便なく移動できます.ちなみにバスもオンタイムで来るので心配ありません.
4. もしかすると学生寮の一部はRenensというエリアにあるかもしれません.Renensはローザンヌ中央駅から一駅で,EPFLにはメトロ一本(10分くらい)で行けます.寮がRenens駅から近い場合はむしろこっちのほうが便利かもしれません.

大学が関与している寮ならば,極端に通学に不便or極端に家賃が高いということはないと思うので,あとは自分の好みで決めていいのではないでしょうか?個人的な経験からすると,キッチン,シャワー,トイレの共有スペースは,できるだけ少人数でシェアするタイプのフラットを選ぶことをおすすめします.シェアする人数が大くなればなるほど,汚したときの責任の所在が不明確になり,結果的にどんどん汚れます.昔学生寮にいたときに,それで大変な目にあいました.

7.2 実際に学生寮に住む交換留学生の意見

長文失礼します。Marcoletにいる日本人(現在2名)の意見です、参考になさってください。

【長所】
・学校から近い
Renensという地区にあり、Metro(電車)でEPFLから4駅(最寄り駅:Epenex)です。通学という点では、Falaisesと比べて非常に便利です。
・部屋が広い
個人部屋はFalaisesの2倍くらい広さがあります。友人が泊まりに来ても余裕があります。
・スーパーが豊富
徒歩圏内に巨大なcoop、通学路に業務用スーパー(Aligro)があります。業務用スーパーにはアジア食品コーナーがあり、日本米やアジア系調味料などが市内と比べて安価で手に入ります。(なお、Lausanne市内にはうちとみさんという日本食料品店があるので、そちらでの調達も可能です。)
・Residence Permitがすぐおりる
RenensはLausanne市内に比べて人口が少ないため、行政処理が早いです。1ヶ月ほどで手に入りました。
・EPFL生がほとんど、少人数で入居者と仲良くなりやすい
Falaisesは市内中心部ということもあり、色々な大学の学生が住んでいます。一方Marcoletは立地のせいかEPFL生がほとんどなので、テスト期間や休み等の生活リズムは基本的に合います。また、少人数で住んでいるので、大人数の寮よりはお互い仲良くなりやすいです。

【短所】
・ローザンヌ市内中心部から遠い
クラブや飲食店がある市内から遠いので、イベントのあと帰りがつらいです。
・駅から徒歩10分
Falaisesは(CHUV)駅前に寮があるのですが、Marcoletは最寄バス停(NoutesまたはMarcolet)から徒歩5分、電車(EpenexまたはRenens VD)からだと徒歩10分はかかります。
・トイレ・バスルーム兼用
Falaisesは10名程度でキッチンを共有しているため、個人部屋にトイレ・バスルーム・小さい冷蔵庫がありますが、Marcoletは2-4名ほどでキッチン・冷蔵庫とトイレ・バスルームを共有しています。私のフラットは女子男子2名ずつでトイレ・バスルーム2つ、キッチン1つを兼用しています。
Falaisesはキッチンの毎週金曜日(?)にお掃除をしてくれる女性がいるそうですが、こちらではキッチンの掃除は自分で行っています。私はほかの人のキッチンの使い方が汚くて毎回耐え切れず、率先して掃除している結果、自分のフラットのお掃除おばさん状態です・・・
・子供がうるさい
冬は日が落ちるのが早いのでそこまででもないですが、学校付近で遊具も豊富なので子供の声がうるさいときがあります。

【総括】
通学時間のみを考えるとMarcoletに軍配があがりますが、MarcoletはFalaisesと比べてだいぶ田舎に建っています。(通学路はトウモロコシ畑の側溝です)交換留学ということであれば色々なイベントに参加するだろうと思いますが、そうしたときに市内に住んでいるのはかなり楽になると思います。また、Falaisesが最寄り駅から徒歩1-2分なのはこの極寒の季節には大変うらやましいです。私ともう一人のMarcolet生は、家賃が同じという条件でMarcoletとFalaisesの選択肢があったらFalaisesを選ぶかもしれないなぁという結論です。
ただ、XXさんがおっしゃっているように、少人数でシェアするタイプのフラットを選んだ方が良い、寮がRenens VD駅から近い場合がむしろ便利という意見もあるので、以上の点を参考にご自身の好みで選ばれることをお勧めします。部屋紹介の動画などはこちらのサイトで見ることができます。(https://fmel.ch/・・・/loc・・・/location-of-houses-and-residences ) Falaisesにも日本人学生が住んでいるので、足りない点等あれば後ほどコメントがあるかと思います。

僕も友達のホームパーティーでいろいろな寮にお邪魔しましたが、どれも綺麗なので家賃と通学時間をメインに考えればいいと思います。

8. 学生寮のほかに

学生寮に入居することができなかった僕はどうしたかというと、スイスで日本人の方が不動産業をやっているところにお願いしました。

トレッソンヌという会社です。こちら

9. 日本人が運営するトレッソンヌ

こちらは日本人の方が留学する学生や研究員の方に向けて家を優先的に紹介してくれるところです。

実際、スイスでは滞在許可証がないと家を確保するのが困難ななか、トレッソンヌさんの紹介ですんなり契約することができました。

家探しで悩みたくない方はぜひこちらの会社にお願いしてみましょう。

9.1 契約にも付き添ってくれる

大家さんとの契約の日には一緒に契約に付き添っていただき、スイスでの生活についてや滞在許可証などについて詳しく教えていただきました。

メールでも相談可能ですが、電話でも対応していただけたので出発前に不安な点を相談させていただくことができました。

初めて行くならばこちらを通して契約をすると安心してスイスに来ることができます。

9.2 家族用の部屋も用意

学生寮はワンルームが多いですが、トレッソンヌではご家族と一緒にスイスへ来られる方のための部屋も用意しています。

こちらでは、そのような家族用の部屋も用意しているので安心して申し込んでください。

9.3 現在の家の様子

ちなみに僕の家はこんな感じでもう一人の日本人と台湾人の三人でシェアをしています。

2016年の9月にはルームメイトが卒業して、部屋が空くので興味がある方はぜひ連絡をください。

10. 夏に一時的に部屋が空く

また多くの学生や研究員の方が、夏の間日本に帰ったりしたりするので部屋を貸してくれることがあります。

少し早めにスイスに入国して現地で家探しをするのもいいかもしれません。

ローザンヌ日本人会やlausanne a louerなどで一時的な部屋の貸し出しが行われているので是非チェックしてみてください。

ローザンヌ日本人会

lausanne a louer

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク