EPFLメールをmac mailで見る方法

シェアする

SAYA160312050I9A3455_TP_V

EPFLのメールをパソコンで確認する方法

EPFLに来てからもうすぐ1年というところですが、2月から留学に来た子にEPFLのメールの確認の仕方を教わりました。

今まで面倒だとは思いつつも、いちいちwebで確認していたのですが、自動でmacbookの方にもダウンロードしてくれるようになったのでその方法についてこちらでシェアしておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

詳しいやり方が書かれているページ

詳しいやり方はこちらのページに書かれているので何か問題があればこちらでも確認してみてください。

メール設定のページへ

アカウントを選ぶ

まずはアカウントを選びます。

メールを開き、メール>アカウント追加を選択すると下のような画面が出てくると思います。

そこで「その他のメールアカウントを追加」を選択し、続けるをクリックします。

スクリーンショット 2016-04-29 10.33.24

氏名・メールアドレス・パスワードを入力

スクリーンショット 2016-04-29 10.33.59

次に上のような画面が出てくるので、EPFLのメールアドレスとパスワード、そして氏名を記入しましょう。

氏名に関しては、多分英語でも日本語でも大丈夫です。

作成を押すと同じような画面が出てくるので再度、氏名・メールアドレス・パスワードを入力してください。

すると詳しいサーバーの情報について手動で設定していきます。

スクリーンショット 2016-04-29 10.34.14 のコピー

サーバーの設定

スクリーンショット 2016-04-29 10.35.35

サーバーについてはewa.epfl.chと入力して、ユーサー名・パスワードはGasperアカウントのものをどちらも入力しましょう。

受信メールサーバー設定

スクリーンショット 2016-04-29 10.36.31

受信メールサーバーについては上のように入力して次へをクリックすれば大丈夫です。

パスの接頭辞に関しては何も入力しなくて大丈夫です。

するとメールが自動的にmacmailに受信されるようになります。

送信メールサーバー設定

スクリーンショット 2016-04-29 10.45.07

送信メールサーバーに関してはSMTPサーバにmail@epfl.chと書き、ユーザー名とパスワードはGasperのものを使えば設定は終了です。

メール送信については、EPFLのWi-Fiに接続している時、もしくはVPNに接続している時にしか使えないので注意してください。

もしもうまくいかなかったら

僕は上のように操作してうまく設定することができましたがそれでも設定がうまくできないという方は再度こちらの方を確認してみてください。

その際に解決策が見つかったら、コメントなりで教えてくれるとありがたいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする