日本食パーティーで友達を歓迎する

シェアする

EPFLにはいろいろな国から来ている学生がいて、彼らの文化を紹介してもらうのは非常に面白いです。

スイスは物価が高いのでホームパーティーを行うことが多いのですが、そのときに持ち寄る食べ物で自国の料理を振る舞ってくれることもたくさんあります。

僕は日本人なので「寿司作って!!」とか「天ぷら作って!」と言われますが、OK. I will make it for you one day.(いつか作るよ!)と言ってごまかしています。

しかし、せっかく日本人学生が何人かいるのだから、日本食を実際に作って各人の友達を呼んでパーティーしよう!ということで日本食を振る舞うパーティーを友達が定期的に企画してくれています。

1. 日本文化をもっと知ってもらうために

今回は初参戦ということで周りにいろいろ指示してもらいながら料理しました。僕はお好み焼き担当でした。

一時ごろから始めましたが、みんなで楽しくお話ししながらする料理はとても楽しかったです。

1.1 今回作った日本食

今回作った日本食は主に3つです。

  1. お好み焼き
  2. 寿司
  3. 豚汁

これら3つの日本食は材料をスイスでも集めることができますし、それほど手間がかからないので、オススメです。

1.2 日本食を買うなら「うちとみ」

日本食を作るために食材を買う必要がありますが、その食材はうちとみで購入することができます。

海苔やお好み焼きミックスなど、日本食を作るための食材はすべて揃っているので、日本食パーティを開くときはこちらのスーパーで食材を購入しておくといいでしょう。

2. 日本食を作っている様子

日本食を作っている際にグループに分かれて、それぞれのメンバーが責任を持って料理を作りました。

しかし、豚汁などは食材を切って火をかけてしまえば、何もしなくていいので他のグループを手伝ったり、とフレキシブルに動いて日本食を作りました。

2.1 巻き寿司

巻き寿司担当メンバーです。きゅうりとかサーモンとか卵焼きなど色どりも考えながら楽しそうに作っています。

日本人のメンバーが集まる機会もそれほどないので、このように日本食をみんなで作る過程も楽しめるのでとてもオススメです。

2.2 握り寿司

この時は一人でしたが、みんな代わる代わるここに来て手伝っていました。というか単に寿司を食べに来ていただけかもしれません。

2.3 豚汁

ここでは豚汁を作っています。ここはひたすらじゃがいもの皮をむいて茹でる感じだったので最初は大変そうでしたが、茹でているときは他のところを手伝っていました。

2.4 完成品

完成したのが、こちらです。

かなり様になってませんか?つまみ喰いばかりしていましたが、みんなで力を合わせて完成させることができました。

3. パーティー開始

ホストの日本人は1時から集まり料理を作り始めましたが、パーティーは6時開始だったので6時くらいになるとぞろぞろと人が集まり始め、日本食パーティーが始まりました。

3.1 パーティの様子

EPFLはいくつかの学生寮があり、今回のパーティーも学生寮のキッチンで行われました。

この写真にあるようにキッチンはかなり広く、20から30人くらい集まっても十分入れるスペースがあります。

学生寮で多くの学生が一緒に住んでいるので中には、たまたまキッチンに行ったらこんな日本食のパーティーやってたから参加した、というような飛び入り参加もたくさんあります。

学生寮に住むとこのようなパーティーに巻き込まれることも多いようです。

実際この日もふらっと立ち寄って少し寿司をつまみながら参加した人もいましたし、誘われた人もたくさんきたのでかなりにぎやかなパーティーとなりました。

このような機会を設けて日本の文化や食事について知ってもらえるというのは非常に嬉しいことでこれからも引き続きこのようなことをしていきたいと思います。

3.2 注意点

国やその人の生活習慣・宗教によっては食べれないものというのがあります。

そのような制約のある人でも楽しんでもらうためにハラールのものを用意したり、ベジタリアンのためにお肉を入れない、生魚を使っていない寿司を作るなどいろいろのものを用意しておくといいでしょう。

多くの人が楽しんでもらうためにもいろいろな文化があるということを踏まえて準備をしていきましょう。

3.3 日本食を紹介する

多くの友人は日本食が初めてなので料理について説明することが求められます。

お好み焼きをどう説明しますか?

海外に留学するのなら自分の国の文化について詳しく知っておくと外国の学生との交流に役立つことが多々有ります。

寿司の作り方教えて!とか日本の漫画について教えてなどいろいろなことを聞かれることがあります。

卒業してから留学するまでの半年間に時間があるのなら日本文化について学んだり、日本料理の練習をしておくとこのような会で披露することができます。

ぜひ半年間でなるべく多くの日本料理をものにしておきましょう。

4. 最後に

このような日本食パーティーで使うような食材はなるべく地元のスーパーで揃えますが、どうしても手に入れることのできないもの(たとえばお好み焼きの粉など)は日本食品スーパーの「うちとみ」で購入します。

「うちとみ」については、また別の記事で紹介しますが、日本食が買えますが高いのでこのようなことを見越してお好み焼きの粉やお餅などは日本を出る際に用意しておくといいかもしれません。

4.1 自国の文化を知ってもらう

自分たちの文化を知ってもらうことは留学生活において大きな意味があります。

自国の文化に誇りをもち、それらについて他国の人に知ってもらえることは大変嬉しいことだし、このような交流も留学する大きな利点だと思います。

留学を決意している人は、留学をする際にはこのような日本の文化を広げるような活動もぜひ行い、日本文化をもっともっと理解してもらいましょう。

そしてEPFLへ留学する方は、ぜひ僕らと一緒にこのような活動を続けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク