EPFLWi-Fiの使い方

シェアする

EPFLには、いろいろなWifiがあります。FreeWifiやpublic wifiそしてepflという名前のWi-Fiもあります。

学生が主に使うのはこのepflというWi-Fiになると思います。

このWi-Fiは学生しか使うことができないので、通信速度が他のものに比べて速く、まだこれをつなぐことで利用出来るサービスもいくつかあります。

今回はそのWi-Fiの接続方法を確認していきましょう。

1. Wi-Fi接続方法

Wi-Fiの接続方法は極めて簡単です。EPFLの敷地内に飛んでいるepflのWi-Fiを選択して、その後、GASPERのユーザー名とパスワードを入力するだけです。

これらを一度入力するとそれ以降は自動的にWi-Fiに接続されるため、EPFLの学生であればこちらのWi-Fiを使うようにしましょう。

これらのメリットについては後で説明していきます。

1.1 GASPERアカウントを持っていない場合は

GASPERのアカウントを持っていなくてepflのWi-Fiに接続できない場合は、public wifiを使いましょう。

こちらはユーザー名は必要ありませんが、電話番号が必要になります。

public wifiを選択した後、インターネットを開くと、ログイン画面が出てきます。

そこに電話番号を入力すると、4桁のパスワードが書かれたものが携帯電話に送られるのでそちらを入力するとWi-Fiに接続されます。

こちらは、毎回ログインをする必要があるため、少しめんどくさいのと多くの人が利用しているので通信速度が遅いです。

パスワードについては、同じ電話番号では毎回同じパスワードになるのでいちいち覚えなくても大丈夫です。

2. epfl Wi-Fiのメリット

epfl Wi-Fiにはいくつかのメリットがあるのでそれをこちらでは紹介していきます。

2.1 論文が無料で読める

論文の多くが有料のものですが、epflのに接続しておくとそれらの論文をepflの名義で無料でダウンロードすることができます。

もちろん悪用するための大量ダウンロードなどは絶対にしてはいけませんが、授業に関連した論文などは有料・無料を問わず気軽に閲覧することができるので非常に助かっています。

2.2 プリンターと接続することができる

プリンターの設定を行いepflのWi-Fiに接続すると自分のパソコンから書類をpool1に送ることができ、EPFL内のあらゆるところにあるプリンターで印刷することができます。

こちらもEPFLで生活する上で非常に便利な機能になっていますので是非有効に活用してください。

3. 最後に

僕自身、初めはwi-Fiについてあまりよくわかっておらず、freewifiを使っていましたが、今後EPFLにくる人にはこのようなことがないように詳しく書いておきました。

EPFLは勉強も大変ですのでこれらのことで無駄な時間が取られないことを願っております。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク