EPFLの前のラーメン

シェアする

IMG_1383

EPFLの前で食べられるラーメン

僕はそれほどラーメンが好きではありませんが、ラーメンが好きな人って多いですよね。

残念ながらスイスではラーメンというものはないので、街にラーメン屋を見かけることは全くありません。

それでもラーメンを食べたいという友人があるとき、ラーメンを食べられるお店を探してきました。

しかもそのお店は、EPFLの目の前にあるというのです。

半信半疑でEPFLの駅の中にあるCUTというカフェに行ってみると、なんとメニューの中に本当にラーメンの文字がありました。

友達も美味しいかどうかは疑っていたようで、値段のこともあるのでとりあえず二人で一人前を頼んでみることに。

すると出てきたのがこちらの小さなトレイ。一見、豚汁のように見えますが彼ら曰くラーメンだそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

非常にマズイ味

結論から言うとものすごくマズイです。ラーメンってこんなにマズく作れるんだーっていうくらいマズイです。

スープは、豚汁のような味で中には大根やジャガイモ、玉ねぎが入っていました。スープだけは、日本食のような味でそれほどマズくはありませんでした。

しかし写真にあるように香草がたくさん入っていて、その匂いがきつくて邪魔でした。

麺に関しては、ラーメンと呼べるものではなく、伸びきったラーメンのような柔らかさとそばのような細さを掛け合わせたようなものでした。

箸でつかむと崩れてしまいそうなその柔らかさは、コシというもの一切排除していて全くおいしくなかったです。

値段

こちらの値段は、驚かれるかもしれませんが12CHFでした。

この量とこの味でそれくらいの値段を払うならば、絶対に隣にあるholy cowでハンバーガーを食べることをお勧めします。

このブログを見てくださったみなさんはぜひ、こちらのラーメンは食べないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする