日本短期滞在に便利な携帯電話

シェアする

ss76_garaketachi14171226-thumb-815xauto-15822

日本に短期滞在する際にオススメの携帯電話

夏休みや冬休みなど学期間の長期休暇に日本に帰ることもあると思います。

その際にやはり携帯電話がないと色々と不便です。そこで短期でも使える携帯電話について紹介していこうと思います。

ぜひ日本に短期滞在の際には参考にしてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

SimFree携帯の場合

海外で購入した携帯の場合、SimFreeの携帯電話が多いようです。

実際、prepaidではない携帯のほとんどがどの会社にも対応するSimFree携帯でした。

そのような携帯電話を持っている場合は、Simカードを購入するだけで日本でも電話やインターネットを使うことができます。

その場合オススメなのはFreetelという会社です。

Freetel

NVWW4vN6

Freetelは、日本国内のSim市場で最大手で半分以上のSimはFreetelのSimのようです。

実際に多くの家電量販店に訪れた際にオススメされたのは、こちらのFreetelのSimでした。

なのでまずSimFree携帯を持っているのならFreetelが一番でしょう。

非常に安い基本料

月々の基本料も他の大手携帯電話会社に比べるとはるかに安い値段に設定されています。

月額の基本料は通話機能付で1199円〜(2016年8月現在)。大手の携帯会社が基本料を6000円ほどにしていることを考えるとかなり安く設定されています。

二つのプラン

priceplan

Freetelでは、使った分に応じたプランと定額のプランがあります。

使った分に応じたプランは、月々のデータ通信量に応じた料金が請求されます。

そのため使ってないのにたくさんの通信料を支払うということもなく無駄を抑えることができます。

しかし逆に使いすぎると3170円まで行ってしまうので(2016年8月現在)注意が必要です。

定額プランは、使用量にかかわらず自身で設定した通信料に固定されるというプランです。使いすぎが怖い人はこちらのプランがおすすめです。

こちらのプランでは料金が変わらない代わりに、使用量を超えると通信速度がはるかに落ちます。

無料の解約料

多くの携帯会社が、2年間の契約で解約する際に解約料がかかるのに対してFreetelでは違約金は無料です。

そのため留学生のような一時的に日本に帰国している場合には、Freetelが余計な解約料がかからず便利です。

すぐに終わる契約

普通の家電量販店では、契約書を購入しFreetelへ申請してその後Simカードが送られてくるという流れです。

しかしヨドバシカメラでは、Freetelの契約を1時間強で終わらせることが可能です。

ヨドバシカメラでSimカードを購入する際にクレジットカードと身分証明証を持っていくことでその場で購入することができます。

もしもSimFree携帯を持っていないなら・・・

僕はスイスで購入したLumia550は、ヨーロッパのprepaidには対応しているけれども、他のものには対応していないと言われていました。

なので一応日本のSimFreeが対応しているのか確認してもらいましたが、対応しておらずそのためSimFree携帯を購入することにしました。

その際に僕は、Y!mobileで契約することにしました。その大きな理由は、契約時に機種の料金を1万円引きしてくれたことにあります。

Y!mobile

ymobile2

Y!mobileは、月々2980円とFreetelに比べると高い基本料になっていますが、その代わり一回10分以内の通話が300回まで無料です。

そのためインターネットよりも電話を多くするという方にとってはこちらの方がお得になる可能性があります。

機種を1万円引き

Y!mobileで契約する際に同時に携帯電話を購入すると1万円引きしているサービスをヨドバシカメラで行っていたので、そちらを利用することで携帯電話をなんと1000円で購入することができました。

契約違約金自体が9800円なので実質、違約金が無料という形にすることができました。

こちらのキャンペーンは、Y!mobileで実施しているのかヨドバシカメラで行っているのかは調べてみてもわかりませんでしたが、店頭で聞いてみるといいと思います。

1980キャンペーン

title

契約当初(2016年8月)、お得な月々1000円引きの1980キャンペーンをやっていたため通話料も無料でFreetelと同じような基本料にまで抑えることができました。

10分以内の通話が実質無料

先ほども少し書きましたが、Y!mobileの優れているところとして通話が無料という点が挙げられます。

上のプランには10分以内の通話が300回まで無料となっているので基本的な用件を伝えるだけの電話は実質無料となっています。

友達や恋人と話すときは、Skypeなどのアプリを使えばいいのでこのプランによって通話料をかなり抑えることができます。

Frettedでは30秒20円の通話料がかかってしまいますのでよく通話をする人にとってはこちらのプランがお得になると思います。

最後に

携帯電話を新たに買う必要がない場合は、違約金がかからないFreetelがお得です。

しかしFreeSimを持っていないなら機種代金も含めて考えるならY!mobileがお得だと思います。

Y!mobileの機種割引については店頭でぜひ確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする